源草社 gensosha > 新刊
gensosha源草社 header image
new新刊

中医学教科書シリーズ①
中医臨床基礎学

限りなく実践的な指針で編集された
‘臨床基礎学’!

中医学の臨床で最も重要な「弁証法」について、
本書は、どの入門書にも見られる
退屈な理論的記載を排除し、日本人に向け、
臨床上必須の事柄のみを取り上げた。
詳細な温病弁証は必読!

  • 主編者 辰巳洋(本草薬膳学院学院長)
  • 2018年2月1日発行
  • B5判並製 128ページ
  • 本体:2,000円+税
  • ISBNコード 978-4-907892-15-9 C3047
  • 詳細を見る

漢法治癒ノート

治癒への道筋が一目瞭然!
全体を「表(ノート)」で構成!

第1部「症候、二味の薬徴と薬方」
病者から得た情報を‘二味の薬徴’でまとめ、
薬方として整理・展開。
第2部「薬徴とそのパートナー」
‘二味の薬徴’の成立と応用を一覧に。
大きなB5サイズで視覚的に理解出来る。

  • 著者 田畑隆一郎
  • 2017年11月25日発行
  • B5判並製 272ページ
  • 本体:8,000円+税
  • ISBNコード 978-4-907892-14-2 C3047
  • 詳細を見る

「傷寒・金匱」薬方大成
七味編

傷寒・金匱薬方解説シリーズ“第六弾”
薬価収載の最重要処方を掲載!

漢方界を代表する著者が、
自らの臨床の視点をまじえ、
七味の漢方処方に一から検討を加えた、
漢方家必携の書!

「傷寒・金匱」より七味の27処方全てを収載。
正に横綱級の小柴胡湯、葛根湯、大柴胡湯が
含まれる大作。

  • 著者 中川良隆
  • 2017年11月20日発行
  • A5判並製 574ページ
  • 本体:5,000円+税
  • ISBNコード 978-4-907892-13-5 C3047
  • 詳細を見る