gensosha源草社 header image
  • 神農本草経解説 表紙

神農本草経解説

しんのうほんぞうきょうかいせつ

現代の漢方医学に生かされる中国最古の
薬物学教科書を、わかりやすく解説

『傷寒論』を学習する者にとって『神農本草経』はたいへん有益な書物である-しかし、日本語の解説書は現在ではほとんど入手不可能。その現状を変えるべく、試みたのが本書。
357種の生薬について、「和訓」「原文」「注」「解説」「名医の論説」の順に簡潔に記述。臨床に則し日本の名医の論説を引用しながら、古代に生まれ今もなお息づく生薬の効能と使用法を詳述する。

編著者 森由雄
2011年12月25日発行 本体:3,000円+税
四六判並製 240頁
ISBNコード 978-4-906668-85-4 C3047
  • 神農本草経解説1左側
  • 神農本草経解説1右側
  • 神農本草経解説2左側
  • 神農本草経解説2右側
  • 神農本草経解説3左側
  • 神農本草経解説3右側
  • 神農本草経解説4左側
  • 神農本草経解説4右側
  • 神農本草経解説5左側
  • 神農本草経解説5右側